畜産王国鹿児島が全国に誇る「鹿児島黒豚」「鹿児島産黒毛和牛」を取り扱っています。
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
グルメ・スタジアム公式facebookページ
鹿児島黒毛和牛について 鹿児島黒毛和牛について

畜産王国鹿児島が全国に誇る「鹿児島産黒毛和牛」を紹介します。

牛肉の部位

牛肉の部位を学ぼう

牛肉の部位ごとに肉質や食べ方についてご紹介します。

- 画像 -
財団法人 日本食肉消費総合センター
食肉がわかるQ&Aより

1)かた

固い赤身の部位。
脂肪分が少なく、たんぱく質を多く含みます。うまみ成分も豊富なので、煮込み料理やスープをとるのに最適です。スジや膜が多いので、繊維を細かく切って使うのがコツ。

2)かたロース

肩に近いロースの部位。
適度な脂と霜降りがあります。ややスジがありますが、きめが細かく、うまみも濃いので、薄切りにしてすき焼きや焼肉にするとおいしく食べられます。

3)リブロース

最も厚みのあるロースの部位。
霜降りが多く、濃厚なうまみがあります。肉質も柔らかく、ステーキやローストビーフなど、肉そのものの味を楽しめる調理に向いています。

4)サーロイン

肉の風味、うまみともに文句なしの最高部位。
肉質は柔らかく、きめも細かい。脂も上質。貴族を表す"サー"の称号が与えられているほどうまい。豪快にビーフステーキで味わってください。

5)ヒレ

最も高価で、最も柔らかい、サーロインと並ぶ最高部位。
脂肪も少なく、上品な味わいで、特に女性に好まれます。たんぱく質が豊富なので、栄養面でも魅力の部位です。やっぱりオススメなのはステーキ!

6a)ばら(かたばら)

肋骨の外側にある部位。
肉質は固めで脂肪分が多い。こってりとした風味が楽しめるシチューなどの煮込み料理に適しています。

6b)ばら(ともばら)

リブロースとサーロインに近い三枚肉の部位。
脂肪と赤身が断層になっていて、濃厚な味わいです。シチューやポトフに向いています。カルビとしても有名な部位です。

7a)もも(うちもも)

ももの内側の部位。
肉質は柔らかく、脂肪分が少ないため、ダイエット中の方にオススメ。均質なかたまりでとれるので、ローストビーフに向いています。

7b)もも(しんたま)

うちももの下にある球状の部位。
きめが細かく、濃厚な味わい。ローストビーフはもちろん、シチュー、焼肉など、幅広く活用できます。たんぱく質が多いのも魅力。

8)そともも

ももの外側の部位。
運動する筋肉が集まっているため、肉質は固め。鉄分が多いので、貧血気味の方にオススメです。コンビーフの原料にも使われます。

9)らんぷ

サーロインに続くお尻の部位。
柔らかい肉質と豊かな風味が特長。薄くスライスして、さっと焼き、わさび醤油で食べると絶品!

鹿児島産黒毛和牛は偉い!

鹿児島産黒毛和牛は、温暖な南国鹿児島で大切に育てられた黒毛和牛で、柔らかい肉質とバランスのよい霜降りが特徴です。

必須アミノ酸を摂取できる

たんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類。その内、私たちの体内で作れない8種類のアミノ酸を必須アミノ酸と言います。必須アミノ酸は丈夫な身体を作ったり、健康な肌や髪を作ったりするのに欠かせない成分なので、この必須アミノ酸をバランスよく含む牛肉は、私たちにとってとても重要な食材なのです。

美容ビタミン!?

牛肉に含まれているビタミンB2は、脂肪の年少に欠かせないため「美容ビタミン」と呼ばれています。また、エネルギー代謝に欠かせないビタミンなので、不足すると太りやすくなる体質を作ります。

貧血予防に効果あり!

牛肉には、貧血予防に不可欠な鉄分がたっぷり!食品に含まれる鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」と呼ばれる2種類があり、「ヘム鉄」の方が身体に吸収されやすいと言われています。牛肉にはこの「ヘム鉄」の鉄分がたっぷり含まれているので、貧血症の人は気をつけて摂取しましょう。

ストレスも解消!?

牛肉の栄養素の中には、「パントテン酸」と呼ばれる成分があります。この「パントテン酸」にはストレスへの抵抗力を高める働きがあるので、牛肉はストレス社会の現代にもってこいの食材といえます。

このページのTOPへ