畜産王国鹿児島が全国に誇る「鹿児島黒豚」「鹿児島産黒毛和牛」を取り扱っています。
文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
グルメ・スタジアム公式facebookページ
鹿児島黒豚について 鹿児島黒豚について

畜産王国鹿児島が全国に誇る「鹿児島黒豚」を紹介します。

牛肉の部位

豚肉の部位を学ぼう

豚肉の部位ごとに肉質や食べ方についてご紹介します。

- 画像 -
財団法人 日本食肉消費総合センター
食肉がわかるQ&Aより

1)かた

身体の中で1番運動量が多いため肉は固いが、風味は良い部位。
ビタミンB1を多く含むので栄養価も高い。薄切りや角切りにして、長時間煮込むカレーやシチューなどに向いています。

2)かたロース

いくつかの筋肉が束になっていて、網状の脂肪に包まれている部位。
肉質は「かた」と「ロース」の中間ぐらい。焼き豚やとんかつ、しゃぶしゃぶなどに向いています。赤身と脂肪の境にある「すじ」を切って調理してください。

3)ロース

筋繊維の流れが同じなので、肉質は柔らかい。風味が良いので、ポークソテーやしゃぶしゃぶなど肉そのものの味を楽しむのが良いでしょう。とんかつにも合います。

4)ヒレ

きめが細かく柔らかい最上級の部位。
脂肪が少ないのでサッパリしています。向いているのは、ヒレカツやバターソテーなど油料理。 火を通しすぎるとパサつくので注意。

5)ばら

赤身と脂身が層になっているので「三枚肉」とも呼ばれる部位。
最も脂肪分が多く、うまみもある。やや固めの肉質ですが、長時間煮込むことでこってりとした濃厚な味が楽しめます。角煮やシチューはもちろん、しゃぶしゃぶ、スープのだしにも最適です。

6)もも

牛肉でいう「ランプ」や「シンタマ」にあたる部位。
質の良いたんぱく質が豊富。焼き豚や煮豚など、肉そのものを味わう料理に向いています。肉質が柔らかいため加熱しすぎると固くなるので注意。

7)そともも

脂肪分が少ないためヘルシー嗜好な方に好まれる部位。
すじが多く肉質はやや固いが、その分値段は手頃。カレー、酢豚、鉄板焼きなど、調理範囲が広い。

鹿児島黒豚は偉い!

鹿児島黒豚は、黒豚といっても全身が黒一色ではなく、鼻、尾、4本の足首の6ヶ所が白いため「六白(ろっぱく)」とよばれています。

独特の歯切れと柔らかさ

鹿児島黒豚は歯切れがよく、お肉が柔らかいのが特徴。これは、筋繊維が細くて多いためです。

お肉の旨みを楽しめる

鹿児島黒豚は今話題の「アミノ酸」を多く含んでいます。このほか、海の牡蠣の旨み成分で知られる「カルノシン酸」や、ブドウ糖の「グルコース」など、多くの旨み成分を含む為、お肉の旨みと甘味をたっぷりと楽しめます。

豚肉なのにさっぱり!

鹿児島黒豚は脂肪の溶け始める温度が高い為、調理しても脂がべとつかず、さっぱりしています。

疲れやイライラを回復!?

鹿児島黒豚にはビタミンB1がたっぷり!ビタミンB1には糖質を効率よくエネルギーに代える働きがあり、その上疲労を回復してくれる効果もあります。また、脳や神経のエネルギー源にもなるので、精神状態も安定させてくれます。

このページのTOPへ